ホーム | MUSIC CD > {ジャパニーズ}   すべてのジャンルTOKYO DISCOTHEQUE ORCHESTRA feat. bird / 3RD EP (全7曲) [▲独占販売▲待望の第三弾は美空ひばり、ブレッド&バターのカヴァーに加え、bird作詞による夏ぴったりのオリジナル曲を収録!]
商品詳細

TOKYO DISCOTHEQUE ORCHESTRA feat. bird / 3RD EP (全7曲) [▲独占販売▲待望の第三弾は美空ひばり、ブレッド&バターのカヴァーに加え、bird作詞による夏ぴったりのオリジナル曲を収録!] [JP/CD/BWRCD-103]

販売価格: 926円 (税別)
数量:
▲独占販売▲
Amazon含め一般発売は予定なし。
今回も前作に引き続き、Watusi (COLEDFEET)さんの計らいにより例外的に販売させて頂くことになりました。


世界規模の広義のディスコ再燃ムーブメントに呼応し、大規模フェスから世界各地のクラブでのパーティにまで対応する音楽プロジェクト、TOKYO DISCOTHEQUE ORCHESTRA (TDO)。COLDFEETのWATUSIがパーカッショニスト、松岡”MATZZ”高廣と、アレンジャー/ギタリスト、堀越雄輔の2人を従え2015年春に結成、作曲陣にCOLDFEETのLORI FINEも交え、それぞれ人気実力派シンガーを起用したEPを専用サイトのみで連続リリースという振り切った活動にも関わらずメジャー・タイアップやFM/TVでの大量露出などで話題を作り続け、いよいよ第3弾の登場です。

第1弾のTDOとSILVAの組み合わせならではのオリジナル「正しいディスコ」は全国のFM局が一斉にON AIR。PVもTV東京「音流」などでON AIRされ話題に。英詞カバー曲がYOU TUBE上で1ヶ月に180万回再生され話題となったGILLEをフィーチャーした第2弾からは今日的ブギーとフィリーサウンドが優雅に溶け込んだオリジナル「DANCE WITH ME」がTV東京系「主治医が見つかる診療所」(毎週月曜20:00-20:54)の1月〜3月のエンディング・テーマともなり、PV ON AIR回数も急上昇。

期待値が益々上がった第3弾、TDOとタッグを組んだのはなんと、70万枚を売り上げた1999年のアルバム・デビュー以来、今や日本の代表的なシンガーの地位を築きあげ、数多くのライブや様々なトライを続ける作品を作り続けてきた、唯一無二の存在感を放つアーティスト、bird。

bird作詞によるオリジナル「ARE WE READY」は、WATUSIがTDOをスタートさせる際にテーマとしたダンス・ミュージックによる新たなるユナイトをシンボリックに歌い上げた夏にぴったりの傑作。カップリングに美空ひばりの昭和の名曲をエイミー・ワインハウスを彷彿とさせるR&Bフレイバーも注入し仕上げた「真赤な太陽」や、ブレッド&バターの和モノ界でも人気の「SUMMER BLUE」を80’S AORムードもたっぷりに仕上げ、birdとTDOならではの極上の世界が生まれました、初となるオルジナル・インストも灼熱感満載で、新たなる旬で広義のディスコ・ソング集として夏の夕暮れにも最高のEP。いよいよアルバム情報も見え隠れするTDO渾身の1枚が仕上がりました。

(収録内容)
M1. ARE WE READY (作詞 bird / 作曲 LORI FINE)

M2. 真赤な太陽 (O.A. : 美空ひばり)

M3. SUMMER BLUE (O.A. : ブレッド&バター)

M4. SUMMER STRUT (作曲 堀越雄輔)

M5. ARE WE READY (EXTENDED MIX)

M6. SUMMER BLUE (EXTENDED MIX)

M7. ARE WE READY (INSTRUMENT)



■アーティスト・プロフィール
◆WATUSI
LORI FINEとのユニットCOLDFEETのプログラマー/ベーシスト/DJ。COLDFFETのユニークな世界観は国内外で評価を受け、UK、US、EU各国から香港、韓国、台湾、タイ等アジア各国でも多くの作品がリリースされている。ソロワークも英/米/ドイツなど世界各国からリリース。国内では中島美嘉の多くのシングルを始めHIRO、安室奈美恵、BOA等を手がけ、アンダーグラウンドとメジャーを繋ぐ多忙なプロデュース・チームとしても活躍。COLDFEETとしてこれまで7枚のアルバムをリリース。'12年には自身の制作のノウハウを詰め込んだ本「DAWトラック・メイキング」の出版、'13年にはディスコ/ブギー・ミュージックのディスク・ガイド「DANCE CLASSICS DISC GUIDE ~SEEDS OF CLUB MUSIC~」の発売とディスコ・ミュージックをテーマにしたDJミックスCDシリーズがスタート。'14年には一転、独自のテクノ・スタイルでのソロ作品の連続リリースがスタート。多彩なゲストを招きオリジナリティ溢れる初のソロ・アルバム「TECHNOCA」を世界同時リリース。同時に屋敷豪太、DUB MASTER X、いとうせいこうなどとインスト・ダブ・バンド、DUBFORCEを結成。長きにわたる経験に裏付けられた「日本から未来へ繋がっていくバレアリックな音楽」を量産/発信し続ける。

◆松岡"MATZZ"高廣 (TAKAHIRO"MATZZ"MATSUOKA)
東京都出身。TRES-MEN / QUASIMODE などをはじめ、和太鼓、ドラム、パーカッションという打楽器系ユニットSIXTHSENSE、そしてトップJAZZヴァイオリニスト 寺井尚子のバンドメンバーでもあり国内外で活躍するパーカッショニスト。レジェンドとの共演も多数あり、国内のビッグフェスはもちろん、アジア諸国、ヨーロッパ諸国からカザフスタンまでのフェス等でも演奏経験がある。その他、パーカッション・ドラムで多方面において、セッション・サポートなど勢力的に活動している。常日頃から魂のこもった情味ある物を表現しようと心がけている。また、DJとしても活動中で、パーカッショニストならではの選曲には定評があり、MIX CD [SPUNKY!] 、BLUE NOTE レーベルのパーカッションに焦点をあてた
セレクトアルバム [AFRO CUBAN BLUE]をリリース。2012年よりDJ櫻井喜次郎らと立ち上げた ユニット TRES-MEN(トレメン)では、13年4月には1STアルバムを、14年1月には2NDアルバムをリリース。過去、東京JAZZや、BLUE NOTE NAGOYA イクスピアリのカウントダウン等に出演、2014年のワールドカップのBGMや、番組のエンディングテーマに起用されたりと国内外で話題を呼んでいる。その他、六本木 VANILLA MOODでのコンガワークショップやアパレルブランド「MONTYACC(モンティアック)」を主催、NHK Eテレのテーマ曲を担当した番組「資格☆はばたく」では、レポーターを務めた経験もあり、その活動は多岐に渡る。

◆堀越 雄輔
東京出身。JAZZ、SOULを基本としながらエレクトリック、アコースティック問わず、あらゆるジャンルに対応するギタープレイと、常に新しいサウンドを追求するアレンジャー、サウンドプロデューサーの顔も持つ。そのジャンルはPOPS、R&B、ROCKからSPANISH、BRASIL、AFRO、GIPSYなどのワールドミュージックやクラブミュージックまで多岐にわたる。アレンジ、プログラミングにも定評があり、クラブ、R&B系はもちろんアコースティックな楽曲においてもほぼ全てのサウンドをプログラミングで構築する。STUDIO APARTMENTなどのクラブミュージックから、ET-KING、中山うり、木山裕策などのポップスまで、その手腕を発揮している。近年では中山うりのサウンドプロデュース、アコーディオニスト COBA のバンドに参加や、STUDIO APARTMENT、ARVIN HOMA AYAのバンマスを努め、STUDIO APARTMENT阿部登とPOPS/R&B系のプロデュースユニットを結成、様々な楽曲制作に関わる。

◆bird


シンガー & ソング・ライター
1975年 京都出身
グルーヴィな歌声と独創性に満ちた楽曲で、ジャンルを選ばず音楽ファンを魅了するシンガー&ソング・ライター。大沢伸一/MONDO GROSSO主宰レーベルより「SOULS」で1999年デビュー、1STアルバム「bird」は70万枚突破。ゴールドディスク大賞新人賞獲得。伸びやかな歌声を武器に、ジャンルの垣根を越えて活躍するその姿勢は、ライブも含め音楽ファンから高い評価を得ている。
2015年11月には、10枚目となるオリジナル・アルバム「LUSH」発売。
birdと冨田恵一(冨田ラボ)の2人だけで実に1年の歳月を費やし、近年の新世代ジャズにも呼応するジャンルレスなbirdミュージックが更に加速。
2016年現在ジャンル関係なく各種野外FES、イベントに出演中。


ARE WE READY (作詞 bird / 作曲 LORI FINE)

クレイジー 海に抱かれたくて
ネイビーブルーのアイシャドウに
街の光に照らされてゆくの
私の瞳が鈍く波打つ 月が映る海ね

今夜は風がずっとじっとして
発熱したままの思惑増え 飛ぶの

そう 壊れてしまった夢の砂浜で
愛の余波香る 
ささやく声達まとわりついてく
いっそ音を上げた

* 暴れた声と
重ねた唇がここに
ARE WE READY? DA DA DA
つないで何処へ向うのか

* * 見えてる景色
外して踊ってみてるの
ARE WE READY? DA DA DA
揺らぐリズムに身を預け

クレイジー こんな夜あなたは
ねえ どんな風に泳ぐ

独自のフォームでこの世の波を
かき分けてゆく姿美しい 光る魚のよう

憧れるように追いかけてみる
息継ぐ度に熱が絡みつき襲う

そう 壊れてしまった夢の砂浜で
それでも歩いてゆく
砂上の楼閣 横目で流して
もっと声を上げた

*
* *
手をひらく
あなたの方へと
触れて握る
風が生まれてく
夏のせいね 
素肌溶けた

*
* *
商品詳細
仕様:CD (EP ・ 7トラック入り) 日本盤

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス